カラー診断前に見るべき「4つのポイント」Vo.2

カラー プロ養成講座 レッスン 私の大好きなもの

前回に引き続き、カラー診断前に見るべき「4つのポイント」です。
前回は、
1)初めに全体から感じたイメージ

2)「肌の色、目の色、髪の色」をチェック :ただし、この3つのボディーカラーのお色だけで判断するのはリスキーです。どういうお色をされているかだけ事前にチェックします。

をお伝えしました。今日はこちら↓3番目からです!

3)メイクの色をチェック
ファンデーション、チーク、リップの色は、シーズンでいうと「何タイプ」の色をつけられてるか、色の識別をします。(この時に、わかりずらければ聞いても良いですし、実際にメイク道具を見せていただいてもOK)

ファンデーションの色も、首と違いすぎないかチェック。

そのメイクが似合っているか、違和感があるかチェック。実際にファンデーションやリップやチークの色にひっぱられることが多いので、良ーく見ましょう! 何か違和感がある!っていう感覚を大事にしてください。
%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%82%af
4)「お洋服の色、小物類(ジュエリー・時計など)」も同時にチェック
3同様に、何シーズンの「お洋服・ジュエリー」をお召しになっているか、チェック。ここで、お客様の嗜好が出やすいので、そのお色がお好きなのかもお聞きすると良いですよ☆
そのお洋服やジュエリーがお似合いか、違和感があるかチェック。

ここで「時計の色・ジュエリーの色」も重要です!人は知らずに毎日使う時計には落ち着く色・好きな色を選ぶ傾向があるのでチェック。時計はシルバー系だけど、ネックレス・ピアスはゴールドなど、違う場合も多いです。

お顔回りの色は特に似合うか似合わないかが出やすいところ。
2012-09-27-10-49-20
もしイエローベースの場合は、ゴールドが華やか、シルバーは寂しい印象に。
ブルーベースの場合、ゴールドは浮いてる、うるさ感じ、シルバーは透明感が溢れる印象に。
ピンクゴールドはスプリングの方ベストで似合いますが、サマーの方もお似合いになる場合が多いです。

以上が、カラー診断前に見るべき「4つのポイント」となります。

ただし、ここでは決断してしまわないように!
あくまで認識するだけで、もきちんと「ドレープをあてた時のお顔映り」こそが診断の決断時となることをお忘れなく~♪

このポイントを見ることを癖にしてしまうと、ご自身のスキルアップと自信に繋がっていきますよ!!(もちろんお客様とコミュニケーションをとりながら見てくださいね☆)
頑張ってください!!

今日のおまけ☆
ミランダカーさんは「スプリングタイプ」。
%e3%83%9f%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%ef%bc%91

iroiroatsumewa-rudoさんより画像引用

明るいヘアカラーも、オレンジも良くお似合いでひときわ目を引きますね!オレンジのバッグと、ウルトラマリンブルーのパンプスがコントラストを奏でてて素敵です♪

海外の方を診断する時は、より「目の色」「髪の色」「肌の色」をよーく見ましょう!


« »